2017年中古携帯輸出禁止の可能性

従来のCBによるユーザー獲得から、高額な下取り価格を設定してユーザーを獲得する方向に動いています。
一応下取りは、再生し輸出することで利益を上げるという建前になっています。
iPhoneなどはこのサイクルが有効だと思うのですが、これが2017年に不可能となる可能性がでてきました。

これは国連環境計画(UNEP)がバーゼル条約に基いて中古携帯電話を有害廃棄物に指定することを検討しているためです。
来年加盟国間での調整を行い、2017年最終決定を下すことになっています。
現在発展途上国側は、中古携帯電話の環境汚染を考慮し、強い規制を主張しています。

最終的にはかなり厳しい規制が適用される可能性が高いようですが、場合によっては中古携帯電話の輸出は全面禁止になる可能性もあるようです。

 

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です