ドコモ 割安プランの検討を開始

ドコモはデータ通信時間が少ない人を対象にした割安料金プランの検討に入ったそうです。
現在総務省で携帯料金に関する議論が行われているが、これに対応して動きと思われます。

ただしドコモは新料金プランの導入には時間がかかるとコメントしています。
なお検討しているのは1GBプランを新設し、通話と合わせて6,500円/月を下回る水準を目指す。

検討が開始されたようですが、6,500円を下回るプランというのは少し高すぎると思います。
ただあまり積極的に料金を引き下げると、折角少しずつ増えてきたMVNOを潰すことにもなります。
総務省も既存キャリアに圧力をかけるのではなく、もっとMVNOを優遇する施策をとればいいのではないでしょうか?

 

[ソース:日経新聞]

Pocket

4 thoughts on “ドコモ 割安プランの検討を開始

  1. こんにちは
    >6,500円/月を下回る水準
    それもうXiパケ・ホーダイ フラットじゃダメだったんですかね・・・
    シェアとカケホありきでのプラン構成がそもそもどうかと思うのですよ

    • こんにちは。名無しZさん。
      シェア、カケホありを前提は本当に勘弁です。
      これは違った見方をすると、通話が多い人の負担を通話が少ない人に負わせていることになると思います。

  2. カケホーダイ前提っていうのがまずおかしいですよね。
    auみたく従量制も選べるなら分かるけど、高額なパケットのみならず
    通話料金までボッタくるとは全く理解しがたい。

    • こんにちは。うわーさん。
      ドコモとしてせっかく導入したカケホーダイを止めたくはないのでしょう。
      何しろ通話が減っている現状で、通話しない人から高額の料金を徴収する素晴らしいプランですから・・・。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です