iOSアプリはAndroidアプリよりも脆弱

iOSのアプリとAndroidのアプリについてその脆弱性について調査した結果が報告されています。
一般的にAndroidアプリはiOSアプリよりもより脆弱であると言われています。
これはiOSアプリがアップルにより完全にコントロールされているのに対して、Androidアプリは比較的自由であることにを根拠に上げられています。

今回調査の結果は、iOSアプリの脆弱性のうち40%が致命的であるのに対してAndroidアプリはその比率が36%だったそうです。
これは銀行、小売、ゲームなど数百のアプリをテストした結果で、さらに銀行のアプリでさえ認証やデータ漏洩などの脆弱性を持っていたそうです。

なお脆弱性のうち最も一般的なものは個人情報や機密情報の漏洩で27%を占めていました。
認証などの問題が23%、構成管理の問題が16%と続きました。

iOSアプリがAndroidアプリよりも脆弱なのは、アップルが厳密に管理しているために、アプリエンジニアがあまりセキュリティに注意を払っていないため起こっているのばないかと予想しています。
結局iOSが安全ということではなく、Androidと同等のセキュリティ対策を実施する必要があることは間違いないようです。

 

[ソース:csoonline]