TizenがスマホOSシェア第4位に浮上

サムスンが新興国で展開しているTizenですが、ついにBlackBerryとFireFoxを追い抜いて、2015年Q3でシェア第4位へと浮上しました。
ただスマートフォン市場のOSシェアは、AndroidとiOSが90%以上を支配しており、Tizenが4位に浮上した影響はほぼないでしょう。

なおサムスンのTizenが4位に浮上した理由は、BlackBerryとFireFoxの失速も影響しているようです。

 

[ソース:strategyanalytics]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です