Apple Pay 停滞気味

AppleがApple Payを開始して1年が経ちましたが、流石に停滞気味になってきました。
調査期間にゆると、先月クレジットカードを使用したアメリカ世帯のうちApple Payに加入した割合は14%にとどまりました。
2月末では11%なので、7ヶ月で3%増にとどまっています。

予想ではさらに加入割合が減少していくと考えられています。
この主な理由はApple Payに対応した端末を使用するための投資額と手数料の高さです。
そのためアメリカのトップ100の小売業者のうち2/3がApple Payの受け入れを計画していないことを表明しました。

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です