Apple iPhoneの修理サービスを一部変更を検討

Appleは従来Genius Barで全て対応していた修理サービスを一部オフサイトの修理センターに出すことを検討しているそうです。
この目的はGenuis Barでの待ち時間の短縮のため、以下の3つのカテゴリーに該当する場合は、修理センターに送られるそうです。

・iPhoneがiTunesに接続できない
・iPhoneの電源が入らない
・起動したときにAppleのロゴから先に進めない

まずiPhone6とiPhone6sについて、アメリカ・欧州・日本で試験的に導入するそうです。
当然修理の期間が長くなりますが、その場合iPhone6の16GBが貸与されるそうです。

[ソース:9to5mac]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です