アップル A9チップのTSMC製とサムスン製の割合 その1

アップルのiPhone6sに搭載されているA9チップにTSMC製とサムスン製の2種類があることは知られています。
実際TSMC製の方がサムスン製よりも性能が良好ということで、現在かなり話題になっています。

アップル A9チップテストベンチ対決

アップル A9チップ消費電力対決

この判別にはCPUIdentifierで可能となっていますが、現在の比率が公表されていました。

まず国別での比率を見たところ、大きく偏りがあることが分かります。
サムスン製の割合が高いのはアジア圏の台湾、香港、逆にTSMC製の割合が高いのはイギリス・ドイツなどの欧州となっています。
日本やアメリカ、中国などの大きな市場はほぼ半々となっています。

  TSMC サムスン
日本 53.56 46.44
US 58.33 41.67
中国 40.73 59.27
台湾 20.4 79.6
香港 37.19 62.81
ドイツ/オランダ 63.72 36.28
イギリス 70.05 29.95
Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です