ソニー 2016年にスマホから撤退の可能性を示唆

順調に利益を伸ばしているソニーですが、スマホ事業は赤字が続いています。
平井社長はスマホ事業については構造改革が予定でおり進んでいると述べていますが、もし来期以降に黒字化できない場合は売却等を検討することを示唆しました。

世界的にスマホ事業の利益の大部分はアップルが占めていることから、なかなか黒字化は難しいのかもしれません。

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です