アップル iPhone6sのバッテリー問題に対してコメントを発表

iPhone6sに搭載されたA9チップは、サムスンとTSMCの2つの種類があることはよく知られています。
現在この2つのチップで性能の違いが大きく、『batterygate』として話題になっています。

今回アップルはこの問題に対してコメントを発表しました。
アップルとしては、性能の差は2-3%程度であり問題ないと考えている。
テストされている環境は、長時間の高負荷状態で行われており実際の動作と著しく異なっている。

今回2つのFabからチップを調達したのは、調達数や価格、納品時期等色々あると思われますが次期iPhoneに搭載するA10の調達に影響があるかもしれません。

[ソース:techcrunch]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です