iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか その8

過去のiphone5sの動きから、iPhone6やiPhone6Plusの買取価格が今後どのように動くか予想してみたいと思います。

iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか

iPhone6sが発売されましたが、iPhone6の直接的な価格改定は行われず端末購入サポートなどの方法で実質価格を変更してきました。
その影響か、iPhone5sの時のような価格急落はおこらず緩やかに低下する傾向にあります。

一方発売されたiPhone6sはiPhone6よりも高めの買取価格でスタートしましたが、これはiPhone6sがiPhone6の当初価格よりも高いために起こっていると推測できます。
image

 

定価に対する買取価格の割合でみると、既にiPhone5sの買取価格を下回っていることがわかります。
ただしこれからは在庫が枯渇していくことから、安定した買取価格になることが予想されます。

image

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です