iPhone6sのモデムはQualcommが独占供給

アップルは調達する部品を複数のサプライヤーから調達するように進めています。
iPhone6sでもその方針に動くと予想されており、当初はintelもモデルチップを供給すると考えられてきました。
ところが実際は、QualcommがTSMCの20nmプロセスを使用して独占供給することになったそうです。

ただintelも次のiPhoneからはチップを供給する方向で動いているようで、TSMCの28nmプロセスを使用するようです。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です