iPhone6sの初期出荷台数はiPhone6を下回る模様

新型のiPhoneが発売されるたびに、出荷台数を増加させてきたアップルですが、今年発売のiphone6sは前機種のiPhone6を下回る可能性がでてきました。
iPhone6は7,300万台の出荷台数でしたが、iPhone6sは6,500万台程度にとどまるようです。

これは中国のスマートフォン市場の鈍化、Force Touchを搭載するも目玉機能が不在なとが挙げられます。
ただし既存ユーザーからiPhone6に乗り換えたユーザーが20%程度にとどまっていることから、上手く残りのユーザーを乗り換えさせることができれば意外に出荷台数は伸びるかもしれません。

[ソース:appledaily]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です