スポンサーリンク

スポンサーリンク

Apple Watch予想以上に不振

Apple Watchが当初予想よりも売れていないことは良く知られていますが、予想以上に売れていないようです。
サプライヤーも7月に入ってから供給部品を減らしています。
さらにQ2では、月産200万台の損益分岐点に達しなかったそうです。

そもそも量産の立ち上げが遅れたのは、組立が難しいことも一因のようです。
今後アップルがこのウェアラブル機器をどうするのか不明ですが、来年まで販売を続けるのではないでしょうか?

 

[ソース:appledaily]