Apple Watch予想以上に不振

Apple Watchが当初予想よりも売れていないことは良く知られていますが、予想以上に売れていないようです。
サプライヤーも7月に入ってから供給部品を減らしています。
さらにQ2では、月産200万台の損益分岐点に達しなかったそうです。

そもそも量産の立ち上げが遅れたのは、組立が難しいことも一因のようです。
今後アップルがこのウェアラブル機器をどうするのか不明ですが、来年まで販売を続けるのではないでしょうか?

 

[ソース:appledaily]

Pocket

2 thoughts on “Apple Watch予想以上に不振

  1. スマートウォッチは活用どころか何らかの機能を日常的に使用しているという話すら聞かないです。

    今のところは多機能腕時計の一種以上の物にはならなさそうですね。

    • こんにちは。icさん。
      Apple Watchをまだ使用している人は見かけたことがないです。(; ̄Д ̄)
      やはりオシャレという意味では今一歩、ウェアラブルが必要?という意味でも微妙なのかもしれません。
      以外に病院などでの活用はありそうですが。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です