タブレット市場縮小傾向

調査会社IDCが2015年Q2のタブレット市場のシェアを発表しました。
結果タブレット市場の縮小傾向が確認されました。
特にシェアの4割を占めるAppleとサムスンは2桁の減少となっています。
一方下位メーカーのLenovo、Huawei、LGはシェアを拡大しましたが、上位2社から見るとそれほど脅威となる成長ではありません。
image

[ソース:IDC]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です