Huawei製Nexusのスペックが判明

現在開発中の次期Nexusの設計にHuawei社が参加していると言われています。
そのNexusのスペックの一部がリークされました。

搭載チップはSnapdragon820、5.7インチのQHDで指紋センサーを搭載するようです。
発売はQ4ということで、年内発売となっていまする

Pocket

2 thoughts on “Huawei製Nexusのスペックが判明

  1. この俗に言われるNexus6(2015)が出れば、現行のNexus6が安くなるとは思うのですが、我慢できなくなって今のタイミングでNexus6を手に入れてしまうことにしました。

    この情報を見たのはその決断の後ですが、画面サイズが5.96インチから5.7インチに縮小されてしまうのだと、実用上の差はそれほどないのでしょうが、現行のNexus6をしばらく使うのでいいと思えました。

    これを見るにファブレットと呼ばれる端末カテゴリは難しいと思われている感じがします。
    けっきょく主要端末の5.5インチ前後がスイートスポットで、そこから失うものが少ない範囲でしか画面面積の拡大はされないのでしょうか。

    わたしは2台持ちやポケット以外の収納場所をあっさり許容できてしまうのでZ Ultraも便利に使えていますが、2台持ちの時点で許容できないのが普通でしょうから、6インチ越えの端末をハイエンド端末として売り出すのは厳しいのでしょうか。

    一時期元気があったミニタブレットも最近元気がない感じですが、その需要はどこに行ってしまったのでしょうね。

    • こんにちは。icさん。
      exus5の人気に対して、Nexus6の不人気さはやはり独自路線の日本といったところでしょうか。
      海外ではそれなりに評価されているのですが…。(; ̄Д ̄)
      ディスプレイサイズは非常に重要で、恐らく5-6インチあたりにある程度多くのユーザーが許容できる最大サイズがあるのでしょう。
      現在は容量別のラインナップがスマホにありますが、そのうちディスプレイサイズが違うラインナップも登場するかもしれません。(⌒-⌒)

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です