サムスン 11Kのディスプレイ開発に着手

サムスンは11Kのディスプレイの開発に着手したそうです。
この開発に韓国政府は5年間で26.5万ドルを投資します。
狙いは2018年の平昌登記オリンピックで、この年までに実現することを目指します。

なお超高解像度になると、3D画面のように錯覚を起こすそうです。
ところで肝心の冬季オリンピックの準備が遅れているそうですが、大丈夫なのでしょうか?

[ソース:etnews]

Pocket

2 thoughts on “サムスン 11Kのディスプレイ開発に着手

  1. こんにちは
    個人的には4K環境でさえ整えるのが大変なのに
    どんどん解像度を上げられても困ります

    • こんにちは。
      そもそも11Kのディスプレイを開発しても普通の人はいらないのではないかと思います。
      4Kもかなりの大画面ではないと効果がない状態なのに….。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です