ソフトバンク 中国ZTEとプレ5Gで提携

今年は各キャリアともに4Gへの設備通しが一段落し、設備投資を抑え気味です。
5Gの実用化は、2020年頃なので2018年あたりからは5Gへの投資が少しずつ開始される予定です。
5Gは10Gbitの通信速度になる予定ですが、そもそもそんなスピートはいるのでしょうか?

そんな状況でずが、ソフトバンクは、中国のZTEと提携し2016年にプレ5Gの商用試験を開始することを発表しました。
ZTEによると、プレ5Gでは4G機器でも通信速度を高めることが可能となっています。

プレ5Gとは、4Gの技術にMIMOなどを追加したものになり5Gの前段階という位置づけのようです。

 

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です