iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか その5

過去のiphone5sの動きから、iPhone6やiPhone6Plusの買取価格が今後どのように動くか予想してみたいと思います。

iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか

まずはiPhone6、iPhone6Plus、iPhone5sの買取価格の動きです。
iPhone6/iPhone6Plusは途中で販売価格が変更されています。
iPhone6/iPhone6Plusは非常に安定して値下がりし続けていることがわかります。
ただiPhone6Plusにはやや下げ止まり感もでてきましたが、iPhone6はズルズルと値下がりが続いています。
6,7月にiPhone5sの時は、上昇しましたがiPhone6はこの傾向が見られません。

image

 

こちらは買取価格/販売価格での比率で見ています。
iPhone6は価格改定以降、iPhone5sよりも買取価格の割合が低いことがわかります。
旧価格で計算すると、iPhone5sとほぼ同等であることから値上げ分は考慮されていないことがわかります。

iPhone5sの買取価格との値動きも異なってきており、これからの予想がかなり難しくなってきます。
ただ8月から急落しているのは次期iPhoneの発売もあるので、これは今年も同様の傾向になるのではないかと思われます。
image