MVNO拡大も実際は苦戦

総務省が2014年度Q4の通信サービスのシェアなどの情報を公開しました。
今回からグループ間も考慮したシェアを公開しています。

ソフトバンク 実はシェアを拡大してなかった

MVNOについて情報を公開していますが、世間の認識とは異なり実はかなりMVNO会社は苦戦していることが判明しました。
まずMVNOの契約数ですが、2014年から急速に拡大していることがわかります。
総務省は、MVNOが頑張って各キャリアの料金への値下げ圧力になることを期待していました。
image

 

ところがシェアを見てみると、実はMNOであるMVNOがシェアを急激に拡大していることがわかります。
MNOであるMVNOとは、例えばauがUQからWiMAX2の回線を借りているような形態のことを言います。
今回急激にMNOであるMVNOのシェアが拡大したのはWiMAXの回線を借りた影響が出ているようです。

image

 

MNOであるMVNOで見とる、順調に契約数は伸ばしているものの急激に増加している様子はありません。
結局MVNOが大人気のように見えても、実はシェアでみるとほぼ無視して良いレベルであることがわかります。

image

[ソース:総務省]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です