アップル iPhone6sでさらに薄さを追求か?

アップルは次期iPhoneにSiPを採用することを決定したようです。
既にApple Watchで採用していますが、SiPを採用することでサイズを小さくすることができます。
SiPは従来ボードに配置していた部品を1つのパッケージ内に集約する技術です。
また部品をパッケージ内に集約することで、防水・防塵にも有利となりコストも削減できることになります。

sip2

 

[ソース:chinatimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です