iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか その4

過去のiphone5sの動きから、iPhone6やiPhone6Plusの買取価格が今後どのように動くか予想してみたいと思います。

iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか

まずはiPhone6、iPhone6Plus、iPhone5sの買取価格の動きです。
iPhone6/iPhone6Plusは途中で販売価格が変更されています。
iPhone6/iPhone6Plusは非常に安定して値下がりし続けていることがわかります。
このまま6月が終わると、8月末の急落まであと少しとなります。
iPhone5sの場合は、7月は安定期間でしたがiPhone6はどうなるのでしょうか?

image

 

こちらは買取価格/販売価格での比率で見ています。
iPhone6は価格改定以降、iPhone5sよりも買取価格の割合が低いことがわかります。
旧価格で計算すると、iPhone5sとほぼ同等であることから値上げ分は考慮されていないことがわかります。
傾向をみると、発売当初に購入し年末に売るというのが一番お得なようです。

8月末になると、一気に比率が0.7まで落ち込みます。
新旧の差が0.1あるので、8月末にはiPhone6は50,000円を切るところまで下落することが予想されます。

image

Pocket

2 thoughts on “iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか その4

  1. こんばんわ!
    いつも楽しく記事読ませて頂いてます!
    一つ質問があります。よかったら教えて頂きたいです。

    docomoにMNPで契約しようとしています。
    2台でiPhone6一括0円を狙ってます。(6月28日予定)
    ただ、過去に2in1で短期解約をしたことがあります。(1月20日頃)
    また一度だけ支払いの滞りがあります。引き落としができなかったみたいで、ハガキがきたあとにすぐに支払いました。

    契約は運転免許証とクレカでしようと思いますが、この場合預託金を求められる可能性はあるでしょうか?
    もちろん100%大丈夫かは実際のところ分からないとは思いますが、なにか経験等ありましたら、教えて頂けると助かります。

    よろしくお願い致します。

    • こんにちは。うっちーさん。
      最近2in1は利用していないのですが、1回位は大丈夫です。
      支払い滞りはキャリアが一番警戒することなので、かなり厳しくチェックされるようです。
      クレカを使用すると回避できるかもしれませんが・・・。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です