Apple Musicの楽曲使用料はまともだった

アップルは色々な分野で聞かれるのは、非常にケチだということです。
ところが今回新しくサービスを開始するApple Musicについては、業界標準程度の使用料を払うようです。

当初の噂では、その収益の58%程度を楽曲使用料として支払うと予想されていました。
ところがアメリカでは71.5%、そのほか海外の国々にと合わせると平均73%と業界標準の70%を上回る使用料を払うそうです。

ただしApple Musicの3ヶ月無料期間中の使用料は一切払わないそうです。
Appleとしては、この無料期間を利用して出遅れた音楽サービスの主導権を取りたいのではないでしょうか?
そのためには業界標準程度の使用料を払うということなのでしょう。

[ソース:recode]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です