iPhoneタッチパネル方式を再度変更

現在アップルがiPhoneに採用しているタッチパネルはインセル方式を使用しています。
インセル方式のメリットは、薄く、明るく、部品点数を減らすことができることです。
反面製造工程が複雑になり、歩留まりに問題を抱える可能性があることが問題となります。

そのためアップルは再度GG方式に戻すかどうかの検討を行っているようです。
タッチパネルメーカーは、GG方式でもインセル方式と同等の厚さで実現することを目指しているそうです。

[ソースdigitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です