Google Android Mを発表

Googleは予定どおりGoogle I/OでAndroid Mを発表しました。
Androidの各バージョンの割合は、現在KitKatが40%と最大です。
一方最新のLollipopはようやく10%とにとどまっています。

従ってAndroid Mが主力になるのは2年後ということになります。
そのような状況ですが、色々な変更がされたのでそれを紹介したいと思います。

まずテキストの選択方法とフローティングツールバーが改善されました。

gsmarena_003

 

また電力セーブのためにアプリスタンバイ機能が追加されました。
ある一定時間使用されない場合、各種機能を停止することで電力をセーブします。

 

ボリュームコントロールも改善されました。
gsmarena_004

 

クイック設定も追加されました。
サイレンスモード、アラームモード、プライオリティ専用モードを選択可能です。
gsmarena_005

 

その他にも電卓アプリ、WiFiの5GHz Bandの対応等様々な改善と追加が行われました。

 

[ソース:gsmarena]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です