Apple Watchの予想販売台数を大幅下方修正

発売されてから1ヶ月程度経過しましたが、Apple Watchの予想販売台数が下方修正されました。
以前の予想はQ3で2,000万台から3,000万台でしたが、今回1,500万台以下へと変更されました。

この理由は以前から言われている部品の歩留まり問題もありますが、需要が急速に鈍化していることも原因として挙げられています。
歩留まり問題はある程度改善されたので、このまま需要が低い状態が続くと思ったほど販売台数は伸びないかもしれません。

確かにすでに東京のビックカメラでも在庫を抱えてる状況なので、やはり予想より売れていないのかもしれません。

[ソース:9to5mac]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です