ソフトバンク記者会見

本日ソフトバンクは記者会見を実施し、2015年夏モデルを含むインターネットのサービスを発表しました。
今後はモバイルだけではなく、ネットワークを利用したサービスに力を入れるという方針のようです。

Android端末にも力を入れだしたようですが、auなどに比べるとあまりいいとはいえません。
そろそろiPhone目当てのお客さんがいなくなってきたのかもしれません。
また新規契約者を獲得するよりも既存契約者にお金を使ってもらおうという動きに転じたことは間違いないでしょう。

目玉はSurface3のLTE版取り扱いでしょうが、少し価格が高いように思えます。
これも円安の影響でしょうか?

またネットワークの更新を実施し、VoLTE対応以外の端末でもHD音声に対応する言っていました。
所有している帯域と契約者数から余力があるソフトバンクだからできることなのかもしれません。

今回の発表で一番気になったのは実行速度No1という宣伝文句です。
3キャリアの端末をそれぞれ使用していますが、使用感からいうとピンポイントでつながるソフトバンク。
速度早くエリアも広いau。
どこでも安定してつながるドコモ。
という印象なのですが・・・。(; ̄Д ̄)

image

 

ところで一括0円など実施してドコモから契約者を奪っていったソフトバンクがこれを非難するのはどうかと。
180日縛りをするならば、もう少し通信費用を下げるべきだと思います。