見守りシューズが展示中

ドコモのかんたん位置情報サービスを靴に使用した見守りシューズが、IoT/M2M展で展示されています。
もともとかんたん位置情報サービスは、ドコモが2014年から開始したサービスでGPSなどを使用して人やモノの位置をスマートフォンで確認できるサービスです。

このサービスを靴の中敷きに埋め込むことで、高齢者の徘徊などの発見に役立てるようです。

d1

[ソース:nikkeibp]

Pocket

2 thoughts on “見守りシューズが展示中

    • こんにちは。
      かなり幅広い用途が考えられます。
      色々な目的で色々開発されそうです。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です