2015年5月第3週のMNP動向

GWも終了し、本格的な5月商戦が開始されました。
auとドコモは夏モデルの発表が終了し、新型端末の店頭展示も開始されています。
ただ尖った端末はないので、2年経っている端末があれば変更する程度でしょうか。

 

GWが終了して週末の落ち込みを予想しましたが、それほど落ち込む様子はありませんでした。
そろそろ9月に向けた準備と夏モデルの準備が始まるからでしょうか?

image

 

30日で見てもGWを上回るツイートが行われています。
ただ平日はさすがに落ち込んでいますが・・・。
image

 

ほぼソフトバンクの案件のみのiPhone5sですが、そろそろ終わりが近いのかもしれません。
もしかすると規制の影響もあるかもしれません。
ただiPhone5sは維持費等考えてももう選択としてはあまり良くないでしょう。
image

逆に一気に勢いづいてきたのがiPhone6です。
ドコモが高水準の値引き維持しているが影響しているのかもしれませんが、各社Androidとのセット販売が増加しています。
image

 

auの主力端末であったあSHV31ですが、魅力してはイマイチに状態が続いています。
このまま消えていきそうな勢いですが・・・。
image

 

新型の夏モデルの発売月が決定したことで、処分を加速させる必要があるHTL23ですが、毎週CBが増額されている状態です。
ただ一気に増えるのではなく、少しずつというのが・・・。
image

 

夏モデルのXperia Z4の発売まで後一ヶ月ですが、SOL26の処分売りも加速させる必要があります。
ですが、こちらもあまりCBの増額が見られます。
一部地域で増額されていますが・・・。
image

 

後継機が5月下旬発売ということで、早急に処分する必要がでてきたLGV31ですが、急速にCBを増額してきました。
買取価格も30,000円台を維持していますが、恐らく来週には20,000円中盤まで下落するでしょう。
短期決戦となってきたので、ほしい人は来週行くべきかもしれません。
image

 

GW中はかなりの案件数をツイートしていたNexus5ですが、GW終了とともに一気にツイート数が減少しました。
ただ週末はそれでもかなりのツイート数を実施しているので、当面ワイモバイルの主力となりそうです。
image

 

決算もダメだったドコモですが、相変わらずSO-02Gの1端末での戦いを続けています。
裏でiPhone6の叩き売りをしていますが、どちらも微妙な状態です。
image

 

各社の決算発表が終了しましたが、ドコモは相変わらずダメな状態が続いています。
ソフトバンクは明確にスマホ戦略を転換してきたのが明らかになりました。
ほぼ一人勝ち状態のauですが、MNPではドコモとソフトバンク連合に対抗している状態が続いています。
結局SIMロック解除の対策も実施してこないという、契約者にやさしい状態を維持しています。
このままauがドコモとソフトバンクのシェアを奪うと非常に面白いことになるのですが・・・。

GWが終了しましたが、基本的にキャンペーンやCBは維持か増額となっています。
夏モデルの発売も今月下旬から開始されるので、旧端末の処分も加速させる必要があります。
そろそろMNP市場も動きがでてきたので、色々準備する必要があります。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です