シャープ 中小企業化を断念

会社の存続危機を迎えているシャープが考えた中小企業化ですが、断念することになったようです。
資本金を1億円に削減することで税法上の区分を中小企業家することで、様々な税法上のメリットを狙っていました。
ただ政府からの批判などで撤回し、資本金5億円に変更するようです。

ただ銀行の債権等を株式化することになるので、今後株式の希薄化は避けられないと予想されています。
だったら死に物狂いで再建して欲しいのですが、どうして中途半端なことをするのでしょうか?

そもそも政府が口出しをするのもどうかと思いますが、それで再建計画を変更する企業もどうかと思います。
やはりシャープはもって後2年程度なのでしょうか・・・。

 

[ソース:日経]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です