ソフトバンク 純増数で3位に転落

ソフトバンク、KDDI、ドコモの決算発表が終了しました。
この中で特に目立ったのはドコモの不振と、ソフトバンクの方針転換です。

ソフトバンクは純増数がドコモ、au、に続き3位となってしまいました。
やはりソフトバンクの刈り取りが明確になってきたようです。

できれば、ドコモとauがソフトバンクに対して徹底抗戦を仕掛けると面白くなるのですが、ドコモにその気概はないでしょう。

Pocket

7 thoughts on “ソフトバンク 純増数で3位に転落

    • こんにちは。かけるさん。
      ここからシェアを延ばすのに金をかけるより、釣った魚を頂く時期に入ったのでしょう。

    • なおさん。
      最近のソフトバンクは後追いばかりで魅力に欠けます。
      もっとアグレッシブに行ってほしいのですが、もう無理でしょうね。

  1. 3月契約の古事記は半年後、全回戦純解約かPOでしょう。来期は純減すらいくんじゃないの?

    • こんにちは。ZAKOさん。
      KDDIの社長が行っていましたが、SIMロック解除の影響もあり純減かも・・・と言っていました。
      やはり3社だと2社が競争やめると市場が停滞しますね。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です