2015年4月総括

4月は例年あまり活発に動かない時期なのですが、今年も例年と変わらない状況でした。
ただ今年は5月からのSIMロック解除、ソフトバンクの規制など色々ありましたが昨年よりは盛り上がりました。

 

第一週目

さすがに年度末商戦が終わった後なので、条件は大幅に悪化しました。
ただ昨年のようにまったく案件がないということはなく、例年通りの状況でした。

ドコモ
年度末に適用した端末購入サポートですが、対象端末を縮小しました。
ただ主力端末SO-02Gは適用されたままでした。
またついにiPhone6とiPhone6Plusの値上げに動きましたが、100,000円制約のため月々サポートで調整するという手段にでました。

au
さすがのauもキャンペーンは少し縮小です。
ただCBは4月も実施しているので、昨年よりはかなりマシな状態です。

softbank
色々と改悪を実施しているソフトバンクですが、一括購入割引の解除料金の仕組みを変更してきました。
合わせてiPhoneに適用していたパケット別で変更していた月月割を廃止し、全て一律に変更しました。
ただ月月割は大幅減額になってしまったのですが・・・。

 

第二週目

相変わらずMNPは動きがないですが、各キャリアともに色々動いてきました。
ソフトバンクのApple Watchの取り扱い、ドコモとauのGalaxy S6の取り扱いなどです。

ドコモ
夏モデルの発表会前に、Galaxy S6とGalaxy S6 edgeの取り扱いを発表しました。
5月からのSIMロック解除も少しは影響しているのでしょうが、auも取り扱うということで出遅れを懸念したのではないでしょうか?

au
auもドコモと同様にサムスンのGalaxy S6 edgeの取り扱いを発表しました。
ただしauはGalaxy S6 edgeのみの取り扱いとなっています。
これが吉と出るかどうかは不明ですが・・・。

softbank
ワイモバイルもソフトバンクになってしまいましたが、早速Nexus5にのりかえサポートを適用してきました。
どんどん契約内容も悪化していますが、急速にワイモバイルのソフトバンク化が進んでいるようです。
ただしTwitter規制がないのが不思議なのですが。

 

第三週目

この週もソニーが突然新製品発表会の開催を予告したり、ソフトバンクもiPhone6とiPhone6 Plusの値上げを実施したりと忙しい週でした。
また続々と各キャリアの夏モデルがFCCを通過していきました。

ドコモ
高齢者向けキャンペーンを実施したり、色々動いているようですが上手く販売戦略とマッチしていないようです。
相変わらず端末はSO-02Gのみという厳しい状態が続いています。

au
ついにHTL23の毎月割を減額してきたので、HTL23も投げ売り端末に仲間入りすることになりました。
既に海外ではHTC One M9も発表されているので、日本でも処分売りを加速する必要が出たのかもしれません。

softbank
ついにソフトバンクもiPhone6とiPhone6Plusの値上げに踏み切りました。
ドコモが回避した100,000円超えも平然と実施してきたのは驚きました。
またApple Watchの取り扱いも発表しましたが、果たして売れるのでしょうか?

 

第四週目

ついにソニーがXperia Z4を発表しましたが、当面は国内販売に留めるようです。
特に驚くほどのアップグレードもないようで、発売時期も夏頃となぜこの時期に発表したのかよくわかりません。
また各キャリアGW前ということで、色々キャンペーンや端末価格改定と忙しいようです。

ドコモ
SO-02Gの月々サポートの増額、iPhone向けのキャンペーン、おかえりボーナスの増額とGW向けキャンペーンの準備に入りました。
また端末購入サポートの縛り期間を1年とかなり延長してしまいました。
実質14ヶ月縛りなので相当苦しくなりますが、iPhoneに逃げる人が増えるのではないでしょうか?

au
GW端末価格を発表したりと忙しいauですが、ついにiPhone6とiPhone6 Plusの実施値上げに踏み切りました。
3キャリアがそれぞれの方法で値上げしたのは面白いです。

softbank
ワイモバイルののりかえサポートの1年縛り拡大、iPhone6とiphone6Plusの月月割の減額て改悪に忙しいソフトバンクです。
ソフトバンクは完全に守勢にまわったようで、今後積極的な動きはないと見ていいでしょう。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です