アップル タッチパネルにナノ素材を検討

アップルはタッチパネルにナノ新素材の使用の検討を開始したそうです。
これはITOベースの導電性フィルムから銀ナノワイヤー素材に置き換えることで、コストとタッチ感を高めることが目的のようです。

現在アップルはLGやサムスン、JDIに対してサンプルを要求している段階だそうです。
予想では来年発売されるiPadから採用されるのではないかと考えられています。

この銀ナノワイヤーを使用することで、フレキシブルディスプレイやフォースタッチなどに対して効果があるそうです。
ワイヤーなので曲げることができ、ディスプレイの厚さを薄くできることでコスト削減ができ、さらに蒸着工程がないため製造コストも低減できます。
またインジウムを使用しないため原材料の確保も容易になるそうです。
682952_20150510134517_430_0001

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です