マイクロソフト AndroidとiOSアプリ変換ツールを発表

マイクロソフトは、iOSとAndroidのアプリをWindows10のアプリに変換するツールを公開しました。
iOSを移植するツールは、プロジェクトIslandwood、AndroidはプロジェクトAstoriaとして公開されています。

iOSアプリは、Objective-CのコードをVisual Studioに取り込んでコード修正を加えることでWindowsアプリとして動作するそうです。
Androidアプリは、JavaとC++で作られたものは同様にコードを少し修正することでWindowsアプリとして動作するそうです。

2強のOSに対して完全に出遅れたマイクロソフトは、既存アプリを変換することでアプリ本数の少ない状態を挽回する戦略にでたようです。

 

[ソース:ZDnet Korea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です