スポンサーリンク

スポンサーリンク

総務省 日本のMVNOの状況を公表

総務省が日本のMVNOの状況を発表しました。
今回の発表は2014年12月末時点のものです。

既に公表されていますが、MVNOの契約数は892万件となっています。
そのうちモジュール型(カーナビ等)が272万件とトップとなっています。
image

 

さらに50万件以上の契約数を持つ事業者でSIMカード型を提供しているのはわずか2社にとどまります。
image

 

一方MVNO業社が接続するために支払う通信接続料金ですが、さすがにauとソフトバンクも値下げしてきました。
それでもドコモが圧倒的に安い状態が続いています。
image

 

MVNOの認知度も70%近くになってきました。
ここまで来ると爆発的な普及も期待できるのですが、現実はまだまだ厳しいようです。
image

なおMVNOを利用する理由は、やはり圧倒的に料金の安さが上げられています。
image

 

[ソース:総務省]