Apple Watch 納期遅延は欠陥部品のため

WSJがApple Watchの納期が6月以降になっている理由を報じています。
それによるとApple Watchに組み込まれているリニアアクチュエーターのTaptic Engineの供給元が欠陥品をだしたためだそうです。

現在Appleにこの部品を供給しているサプライヤーは2社だけなので、実質1社での供給となっています。
なお問題を起こした部品を製造しているのは、中国のAACテクノロジーズで試験中に壊れたそうです。

残り1社は日本電産ということで、現在増産に取り組んでいるそうです。

4CwRmpPTEYEwoVkw.medium

[ソース:WSJ]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です