サムスンの日本と中国の戦略

いよいよ来週からサムスンのGalaxy S6とGalaxy S6 edgeが日本でも発売されます。
日本ではシェアを年々落としているサムスンですが、今回は色々な戦略を持って挑戦するそうです。

日本では敢えてサムスンの名前を外し、Galaxyという名前を全面に押し出して勝負するそうです。
広告、ホームページ、店舗等全てからサムスンを除いたそうです。
全然気づきませんでしたが・・・。(; ̄Д ̄)

一方中国ではSAMSUNGの評価から盖乐世という表記に変更したそうです。
言葉自体に意味はないそうですが、発音がSAMSUNGに近いためだとか・・・。(; ̄Д ̄)

何れにしろ、来週はGalaxy、Zanfone、Xperiaと相次いで発表されるので忙しい週になりそうです。

 

[ソース:ZDnet korea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です