ソニー ソフトバンク/ドコモ向けミドルレンジXperia FCC通過

ソニーの日本向けミドルレンジXperiaがFCCを通過しました。
FCC IDはPY7-PM0864です。

このモデルはPY7-PM0860をベースに5種類の派生品が存在します。
PY7-PM864はDual SIMに対応しています。
このことを考えると格安スマホ向けかもしれません。

なおLTE bandは、1,3,7,8,28,40に対応しています。
Bltetooth、NFCにも対応しています。

無線Lanは802.11 a/b/g/nに対応しています。
サイズから5インチ~5.2インチ程度の端末予想されます。
image

image

image
image

[ソース:FCC]

Pocket

4 thoughts on “ソニー ソフトバンク/ドコモ向けミドルレンジXperia FCC通過

  1. こんにちは
    SIMフリー化を見越した機種でしょうか
    さしずめ「ドコモ、SBで使える!SIMフリースマホ!」
    といった感じで
    端末メーカーにとってはチャンスでもあるのですかね

    私は端末メーカーはキャリアに脅されて
    対応バンドは増やさないと思っていたのですが
    最初からキャリアを通さなければアリですね

    • こんにちは。
      さっぱりわかりません。
      ただこれだけSIMフリーの端末が入ってくるとキャリア通さなくてもいいのかな?と思います。
      例えばキャリア版はハイスペック、SIMフリー版はミドルというのはありかもしれません。

  2. band対応からはソフトバンク向けに見えました。

    ドコモでも使えるというのはLTE band 1/28への対応からだと思うのですが、W-CDMA 6/19に非対応だと全国的に通話可能エリアが問題無いと言い切れないと思います。
    VoLTEに対応しているのかどうかがよくわかりませんが、対応していたとしてもband28だけでいいと言えるという情報を見たことがありません。

    • こんにちは。icさん。
      LTEからドコモでもいけるか?と思ったのですが、WCDMAみると確かにソフトバンク見たいです。
      気になるのはdualsimとsinglesim版があることです。
      位置づけとしてどうするのでしょうか?

      個人的にはDualSIM版が欲しいです。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です