シャープ スマホ向け4Kディスプレイを開発

今回CITE2015でシャープは5.5インチの4Kディプレイを発表しました。
4.1インチの4Kディスプレイは、すでに昨年末に発表済みですが今回さらに大型化したようです。

ただサムスンは今年後半に発売するGalaxy Note5には4Kディプレイを搭載してくると予想されています。
LGも対応してくると予想されるので、ますますディスプレイの競争が激化することになります。

ただスマートフォンで4Kがいるのでしょうか?

 

[ソース:impress]

Pocket

2 thoughts on “シャープ スマホ向け4Kディスプレイを開発

  1. 全く同感です。
    各社訴求上優位に立つ、或いは自社技術力のアピールにはなるのですが、ユーザー目線での商品企画は全くできていないと思います。4K@4.1インチがその代表例だと思います。
    サムソンはそれが得意ですが、かつてテレビ業界ではハイフレームレートの数字ゲーム競争を引き起こして、日本メーカーも各社追従し60から,120,240,480・・・と言い出して。結局ユーザー目線から乖離し、そもそも人間視覚の限界は240Hzと言われていて、それ以上は単なる数字ゲームです。
    シャープやサムソンのスマホなどの小さい画面でも4Kの魅力を活かせるような提案力があればいいのですが、何をどう訴求できるか注目ですね。

    • こんにちは。キャセイさん。
      スマホもテレビと同じ状況になっているような気がします。
      テレビもブラウン管から液晶は非常に素晴らしい技術革新でした。
      液晶の早い動きに対応するのも、まあそこそこのユーザーが求めたことと思います。
      ただ3Dからはちょっと違うのでは?と。
      高解像度も日本のような狭い部屋だとあまり意味をなさないような気がします。

      スマホも4Kで価格が下がるのならば歓迎ですが4Kで何ができるのでしょうか?
      今のところあまり思いつきません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です