折り畳みスマートフォンの登場まで後2年

韓国のKETIは数万回折り曲げた後でも電気特性を維持することができるモバイル機器向けの超薄型有機EL電極材料を開発しました。
この電極材料を使用すると、紙のように折りたたまれたスマートフォンを実現できるそうです。

今後2年以内に商業規模の量産に持っていきたいと考えているそうです。

Highly-flexible OLED electrode

[ソース:businesskorea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です