IEEE半導体チップの特許料計算方法を変更

Qualcommは中国での特許問題で既に多額の賠償金を払っています。
これは特許使用料が高額すぎるという問題ですが、IEEEは今回半導体の特許政策を変更することを通知し始めました。
今までは完成品に対して使用料を計算していましたが、今後はチップ単価に基いて計算するそうです。

これで打撃を受けるのはQualcomm、恩恵を受けのはサムスンなど製品メーカーです。
これで少しは端末価格が安くなるといいのですが・・・。

 

[ソース:businesskorea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です