サムスン マングースを開発中

Galaxy S6に搭載したExynos7420でQualcommからの脱却を目指すサムスンですが、次世代のCPUも開発中であることが判明しました。
これは開発コード名マングースと呼ばれており、動作周波数2.3GHzとなっています。
またベンチマークの結果から、現在のExynosよりも45%も高い結果をたたき出しているそうです。

gsmarena_002

[ソース:gsmarena]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です