日本通信VAIOスマホの影響で下方修正

VAIOスマホを販売している日本通信は、VAIOスマホの影響で業績の下方修正を発表しました。
ただし今回発表した下方修正は、もともと12月に発売予定だったVAIOスマホが3月下旬まで遅れたことによる影響です。
ここまで遅れたために、当初見込んでいた出荷台数を大幅に下回ったためです。

現在は当初予定どおりの生産台数を開始しているそうです。

果たして日本通信がどの程度VAIOスマホを販売するつもりだった不明ですが、現在のBCNランキングを見るととても売れている言える状況ではありません。
また今後世界的にヒットの兆しを見せているZenFone2が20,000円台で登場することを考えるとあまりにも価格設定を誤ったと思われます。
そのままZenFone2とセットで販売したほうがいいのではないでしょうか?

[ソース:日本通信]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です