サムスン Galaxy S6 edgeの増産を計画

サムスンはGalaxy S6 edgeの予定受注数を上回ってきたために、増産に乗り出すようです。
Galaxy S6 edgeの増産に対する障害は、ディスプレイの歩留まりと言われていました。
ところがタッチパネルの問題のため増産できないようです。

現在タッチパネルをアルプス電気のみに頼っていましたが、韓国国内の部品メーカーからも調達することを計画しているようです。
そのほかにも富士フィルムなどから日本製の素材を調達していますが、この調達先を多様化することを計画しているようです。

 

article_26074546128001

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です