Qualcomm サムスンとチップ受注を争う

半導体業界は非常に不思議な世界で、アップルとサムスンは特許紛争やスマートフォンで競合していにもかかわらず、アップルはチップ生産をサムスンに発注しています。
今年はさらにサムスンがGalaxy S6に自社開発のチップを搭載したことで、今年の後半に発売予定のGalaxy Note5の行方に注目が集まっています。

単純に考えると、Galaxy Note5にも自社開発チップが搭載されると思われますが、Qualcommはこの端末のチップの受注を狙っているそうです。
もしSnapdragon810の熱問題が解決されれば、Galaxy S5と同様にQualcommバージョンの登場が予想されますが果たしてどうなるのでしょうか?

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です