Apple Watch出荷目標半減

4月に発売が予定されているApple Watchですが、以前から囁かれていた歩留まり問題が解決できず、目標出荷台数が半減する可能性がでてきたそうです。
当初の予定は月産250万~300万でしたが、これが125万~150万になるそうです。

この問題はタッチパネルの歩留まりが30~40%に起因していることによります。
さらにアップルがバネルの生産問題がでるたびに設計を変更するのも良品率が改善しない原因の一つとなっています。

[ソース:ys-consulting]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です