iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか その2

iPhone6とiPhone6Plusの買取価格が激しく動いています。
過去のiPhone5やiphone5sの動きから、今後どのように動くか予想してみたいと思います。

iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか

まずはiPhone6、iPhone6Plus、iPhone5sの買取価格の動きです。
もともとそれぞれの端末の定価が異なるので、絶対値でみると少し分かりにくていですが似たような動きをしているようです。
image

 

次はそれぞれ定価で割った場合の動きです。
発売当初のiPhone5sの上昇は少し異常ですが、その後はほぼiPhone6/iPhone6Plusともに似たような動きとなっています。
この傾向を辿るとすると、3月を底に6月まで買取価格は上昇することが予想されます。
予想では6月にはiPhone6は65,000円の買取価格に戻る予定ですが・・・。

image

Pocket

4 thoughts on “iPhone6とiPhone6Plusはどこまで下がるのか その2

  1. こんばんは。
    iPhone5SとドコモのSO-01Gをいくつか所持しているのですが、どちらも今後買取価格が下がる一方でしょうか。
    売るのか寝かしとくのか迷っています。

    • こんにちは。craftさん。
      iphone5sはなかなか読みにくいところです。
      こちらでiPhone5の時の状況と比較していますが、なかな厳しい状況であることがわかります。
      ただiPhone5sはiPhone6が大型化したことによる需要があるのでそれほど劇的に下落しないと読んでいますが、かと言って値上りする野考えにくいと思います。
      何とか行って45,000円位ではないでしょうか?
      SO-01Gはさすがに4月に入る多少上がると思いますが、国内機種ということでなかなか厳しいでしょう。

  2. こんばんは。
    私は、Z3を何台か持ってます。買い取り価格が下がっているので、買取に出すかどうか迷っています。
    貴ブログでは、iphoneの買取価格推移は考察されてますが、アンドロイドは種類が多すぎることもあってか、記事にはなっておりません。
    昨年の3月から4月にかけて、アンドロイド機種の買取価格がどう推移したのか、私を含めて気になる方は多いと思います。もしも過去のデータをお持ちなら、どのように買取価格が動いたのか、代表的な2~3機種で結構ですので、教えていただけませんか?
    よろしくお願いします。

    • こんにちは。こじこーじさん。
      そうですね。
      Android機種は多すぎて推移を載せるのは厳しいので載せていません。いくつか載せてみたいと思います。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です