中国スマホメーカーはQualcommを選択

2015年はQualcommが中国スマートフォンメーカーにとって重要な会社となるようです。
当初MediaTekはQualcommのシェアを徐々に奪うと予想されていました。
ところが中国のスマートフォンメーカーは、自社のスマホの付加価値を上げるためにより高度なチップを選択する動きに出たようです。
そのためMediaTekは昨年末予想を下回る業績となりました。

ただMediaTekを主要なチップメーカーと採用する動きもあるため、MediaTekにすぐに大きな影響がでるわけではないようです。
いずれにしても、今年はチップメーカー間の争いも激しくなりそうです。

 

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です