2015年3月上旬 買取価格 iPhone6/iPhone6 Plus編

3月に入りドコモが攻勢をかけてきました。
その影響か、iPhone6の16GBの買取価格が再度下落してきました。
iPhone6の買取価格を見ると、キャリア版が全般的に下落傾向を示しています。
そのためキャリア版とSIMフリー版の買取価格差が広がる傾向にあります。

image
image

 

iPhone6Plusも同様の傾向を示していますが、特に16GBの下落傾向が厳しい状況です。
そのためキャリア版とSIMフリー版の買取価格差も拡大傾向です。
残念ながらSIMフリー版の値上げに伴う買取価格の上昇はまだ確認できていません。
image
image

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です