スポンサーリンク

スポンサーリンク

Try WiMAXでWiMAX2+に挑戦 3rdシーズン その5

UQコミュニケーションズがW01をTryWiMAXの貸出端末に追加したので、早々に借りてみました。

TryWimax2+に挑戦

今回で3回目になりますが、せっかくの220Mbpsはサービスの提供が間に合っていないので確認できません。
ただし220Mbpsに対応の端末ということで、その性能も前回、前々回のHWD14とNAD11と比較しています。
今回は毎度おなじみの新宿ビックロの影での測定です。
きちんとアンテナを設定していれば、問題ないのですが・・・。

image

 

今までの結果と比較してみました。
まずは重要なダウンロードの転送速度です。
平均を取ると今まで最低の結果に終わりました。
特に問題なのは、3回中2回が10Mbps台ということです。
単純に電波状況も問題なのか、ユーザー増加による混雑度がひどくなったのか。

下り(Mbps)
 HWD14NAD11W01
1回目21.6127.0927.11
2回目22.5823.5312.43
3回目14.1422.4915.47
平均19.4424.3718.34

 

次はアップロードの転送速度です。
HWD14では、アンテナの設定が上手くいっていなかったのかボロボロでした。
今回の測定では比較的安定しているのですが、やはり前回測定のNAD11よりも悪い結果となりました。

上り(Mbps)
 HWD14NAD11W01
1回目1.017.365.56
2回目0.937.335.77
3回目0.716.925.76
平均0.887.205.70

 

結果を見ると、イマイチな結果となりました。
NAD11よりも電波状況は改善しているはずなのですが、測定結果をみると残念な結果となっています。
時間帯、天気、ユーザー数による影響も考えられますが、あまりいい結果とはいえません。