アップル 2014年Q4スマートフォンシェア1位を獲得

調査会社ガイトナーの情報によると、2014年Q4はアップルがサムスンからスマートフォンシェア世界1位を奪取したと発表しました。
実際にはQ4にアップルは前年同期比で2.6%程度のシェアを増加させた反面、サムスンは10%近くシェアを失いました。
Android勢の下位メーカーがサムスンのシェアを分けあって獲得した事がわかります。

image

 

一方2014年のシェアを見ると、こちらはサムスンが10%程度差を付けて首位を維持しました。
アップルはほとんどシェアが変わりませんが、トップ5意外のメーカーが着実にシェアを伸ばしていることがわかります。

image

 

[ソース:gartner]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です